2020年モデルのウィリエールGTR team Discは一味違います。

サイクルモードがこの3連休で開催され盛り上がりを見せています。

このショーが開催されると、なんとなく各社2020年モデルが出そろったなという印象を勝手にもったりしています。

そんなサイクルモードが開催されている真っ最中にウィリエールから気になる2020年モデルが入荷してきました。

 

Wilier

GTR Team Disc

サイズ:480

Top長:528

昨年も同モデルはラインナップとしてあったのですが、実は今年のGTR Team Discは格段にパッケージングが良くなっております。

その、一番の理由はなんといってもブレーキシステムです。

なんと、最初からシマノ105クラスの油圧ディスクブレーキを採用しています。

以前はメカニカルディスクと言ってワイヤーでブレーキのキャリパーを(正確にはキャリパーのピストンを)動かし操作していましたが、今季モデルは、最初からシマノ純正で、油圧システムを採用しているのでブレーキコントロールのしやすさ、安定感と引きの軽さを最大限発揮できる仕様になっています。

もともと、フレームの特性としてオールラウンドに使える良く進み高い快適性を備えたバイクとして定評のあるフレームですのでその恩恵は更に大きと思います。

カラーリングは落ち着きのあるマッドブラック/シルバーが入荷してきています。

最新のイタリアテイストを体感したいならオススメな1台です。

関連記事

  1. 藤下さんの「自転車生活」VOL.457

  2. 本日1月6日より営業です。本年もよろしくお願いいたします。

  3. ALLEZ ELITE限定カラー登場!

  4. 佐渡トライスロンに向けてDHバーポジションの見直しさせていた…

  5. SCOTTはいいぞ。Foil Premiun 実践投入レポ!…

  6. DEROSA(デローザ)のマグカップ

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP