コスパ最強!ROVAL C38入荷してきました。

年の瀬に高いスペックで定評のあるカーボンホイールが入荷してきました。

ROVAL

C38Disc

店頭価格¥126,360

何と言っても魅力は、その価格です。

10万円台前半で買えるホイールでしかも、カーボンクリンチャーというサービパッケージです。

この圧倒的な価格は普段の練習用ホイールとして、荒くハードな使用状況になりやすいグラベルロードやシクロなどのオフロード用にと使用用途も幅広いのが魅力です。

重量はメーカー公表値で1560gとこの価格帯でクリンチャーのカーボンディスクホイールの中でも軽量な部類に入り、漕ぎ出しの軽さや登坂性能に大きく貢献しているのでもちろん本気の1本としても十分なスペックを持っています。

 

更にその魅力はリムハイトにも。。。

名前の由来ともなった38mmリムハイトはバランスを取った設計です。

パワーがあり中途半端なリム高だと逃げている感じがする方や、見た目のインパクトを考えたら圧倒的に50mmや60mmと言ったリムハイトの選択になります。

リムハイトを38mmと低めに設定することで荒川など風が巻くような場所で不意に横からの風にあおられてふらつくのを抑えることが出来ます。

逆に低すぎて平地の巡航時に伸びが感じづらかったり、登りでヨレて逆に重たく感じてしまうという事がない絶妙なリムハイトのバランスをチョイスしております。

特に自分の様な非力なライダーにはまさにその恩恵が最大限還元されます。

このホイールの良い点はハブやスポークなどのパーツのアッセンブルにも垣間見ることが出来ます。

DT Swissのハブ、スポークはロードはもちろん自転車のディスクブレーキ機構の始まりと言えるMTBでも高い支持を得ています。

その中でも、ベーシックモデルとして安定したクウォリティの350DiscをROVAL専用仕様で採用しています。スポークはこちらも高い人気のコンペディションレースを採用して申し分ないアッセンブルとしています

ディスクロードや、グラベルロードを買ったはいいけれどカスタムするのに良いホイールが無い、アルミよりはカーボンリムのホイールにしたいけど予算が、、、そんな方に是非お勧めしたいホイールです。

関連記事

  1. 期待のニューモデル SPECIALIZED 新型アレー 入荷…

  2. 2018年のTARMAC(ターマック)が大特価!お盆までにご…

  3. ディスクロードの未来はどうなっているのだろうか?

  4. S-WORKS 7&S-WORKS EVADEⅡがついに到着…

  5. エアロロードと一緒に注目なもうひとつのカテゴリー

  6. 暑い季節は保冷ボトルで乗り切りましょう!

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP