カンパニョーロ 新型リム(AC3)採用のBORA ONE50 入荷です。(2018年モデル相当)

スズキでございます

2018年モデル相当となります
カンパニョーロ BORA ONE50が入荷です。

相当というのは、カンパニョーロとしては2018年新モデルとしての販売ではなく
ランニングチェンジという扱いとなります。

このマイナーチェンジしたBORAシリーズ
今回の大きな変更点わかりますか?
ブレーキ当り面をよーく見てください。

そうです、マビックのエクザリットと似たような感じで、ブレーキパッド当り面に
細かい溝が入りました。
ウェット時のブレーキ性能がアップです。
カンパではAC3(All Conditions Carbon Control)と名づけております。

 カーボンホイールはドライ時では制動力は充分なんですが、ウェット時は、カーボンブレーキシューの特性上リムを攻撃しない構造となっております、一度リム面についた水滴がブレーキシューで一度弾き、なくなったときに制動力がでます、雨だとブレーキが効く瞬間が一瞬ずれる感じです。
今回採用されたAC3はブレーキ面に溝を付けパッドとリム面から汚れや水滴を逃がし
制動力アップに貢献しております。

ドライでは前モデルに対して3%。
ウェット時ではなんと43%制動力アップしているそうです。

AC3の構造のカーボンリムにするにあたって。素材を見直し、より耐熱性の高い樹脂を採用しているとのことです。
リムを完全にフルモデルチェンジ。でもメーカー的にはランニングチェンジとのことです。
雨は走らないし…と言う方もいるかもしれませんが、走っているときに雨に襲われることもあるでしょう、最近のゲリラ豪雨にあうかもしれません。
ブレーキは効くに超した事ないので、この制動力アップ構造はありですね。

ただいまAC3を採用した
カンパニョーロ BORA ONE 50 チューブラー シマノ対応 入荷しております。
SB価格 239,900円(税込)
やっぱりカーボンホイールはチューブラー♪


お待ちしております!!!!

関連記事

  1. こんなヘルメットあります!BELL STAR PRO

  2. YouTube動画第5弾「スズパワーチャンネル」ディスクブレ…

  3. キャノンデール ホイールセンサーのご紹介!

  4. 明日のもてぎ7時間エンデューロに向けての初心者練習会の場所変…

  5. GARMIN(ガーミン) EDGE820J本体&EDGE52…

  6. 日常の整備にも使える携帯ツール LEZYNE T-DRIVE…

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP