シダスカスタムインソール&LAKE(レイク)熱整形シューズ作成しました。

今のバイクシューズのフィット感をさらに向上させる
 その近道は、インソールを変えることだと私は思います。

そのおすすめがSIDAS(シダス)熱成形カスタムインソール
BIKEプラスです。
 その名のとうり、自転車シューズの為の専用カスタムインソールです。

SIDASの特徴は、温めたインソールで足の裏の型を取るのですが。
お客様の一人ひとりの理想的なアーチの状態のインソールをつくり

足裏のアーチをサポートして、ダイレクト感、そして疲労感、またペダリングの

安定のサポートをします。
 
熱整形で作ったカスタムインソールを履き比べた瞬間
「あっ」
「全然違う!!!!!」と皆さん答えていただけます。
ここ最近、いいよとう評判で、インソールの制作依頼が増えてきております。
 まず、ウィンドラスとう製法でユーザーの理想的な足型を型取りします。
その後、温めたオーブンでインソールに熱を加えて柔らかくします。
 そして足型の上に柔らかくなったインソールを足型の上に乗せてもう一度乗ってもらい
最終のインソールの型取りをします。 
 少し時間をおいて粗熱をとったら、今はいているシューズに合うようにカットして
完成となります。

 それだけで全く別物のシューズを明日が一体感が生まれる靴となります。
インソール&成形代で税込11200円とインソールとしてはやや高価ではありますが
あなただけの理想のインソールを制作と考えればご納得いただけるのではないでしょうか。
 インソール自体は使っているうちにだんだんサポートが弱くなってくるのでおおよそ
2回程度は再成形可能です。
 ぜひ、あなたの理想な足裏を再現しているカスタムインソール
 SIDAS(シダス) 自転車専用インソール BIKEプラスぜひ使ってみてください。

またその日は別件でLAKEシューズの踵部分の熱成形も行いました。
 LAKEシューズは踵のホールド性にこだわりを持っており、シューズ内でのかかとの浮きを防止しフィットするように、CX332は踵部分に熱成形カーボンを採用しております。

お店にある、温風ヒーターでシューズを「温めて、踵の形を成形します。

 今回のオーナー様は踵が細めでいつも踵部分に隙間ができホールド感が弱く
気になっていたそうです、今回のLAKE CX332で踵を整形したら気になる隙間がなく満足していただきました。
 また、全面に使われているカンガルー皮のフィット感も気に入っていただけたようです。
 試し履き等もできますので、是非LAKEシューズ実際に足を入れて、包み込むようなフィット感を是非体感してください。

 

 

関連記事

  1. DEROSA(デローザ)のマグカップ

  2. 季節の移り変わりにASSOSのニッカーが重宝します。

  3. 12月28日Lakeシューズの試着会開催します。

  4. 5月の休業日のご案内

  5. 藤下さんの「自転車生活」VOL.457

  6. ANCHORカラーオーダーキャンペーン開催中です!

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP